1. HOME
  2. 懐刀の機能
  3. 仕入管理
 

仕入管理

発注伝票入力

発注伝票を入力頂くことで、発注書発行や発注残・入荷予定管理などが可能となります。直送対応の場合はこちらの画面から直接得意先、届け先の指定も行えます。

仕入計上

発注情報をもとに仕入引当処理で仕入伝票の作成が可能となります。全数仕入計上されなかった場合は、発注残として管理されます。

発注検討表

使用可能在庫がマイナスの商品について、在庫数が0を下回らないように発注数を算出します。最高点や最低発注数、発注ロットなどを加味した計算により発注業務をご支援します。

出金予定管理

カレンダー形式で支払予定情報の確認が出来ます。日別詳細画面では締日単位で支払先別残高も確認でき、入金業務とあわせて資金繰りにもご活用頂けます。

部門別発注点管理

部門別月別に各商品の発注点在庫数と最大在庫数を設定しておくことで、自動発注データ作成機能が活用できます。適正在庫維持や発注業務の省力化にお役立て頂けます。

仮発注伝票入力

発注検討は担当部門、発注数確定や実際の発注は別部門で行う場合には仮発注機能の活用をお勧めしています。担当部門では1画面で複数仕入先に対する発注希望数を入力できますので、業務の効率化につながります。

お問い合わせ・
資料ダウンロードはこちら